知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

ネット保険利用の仕方と体験談!メリット・デメリットまとめ

   

86bcd484ae97fd39647ed5fdb3a28218_m

最近では、インターネットだけで加入できる保険や来店型保険ショップを利用して加入する方法など、さまざまな手段で保険に加入できるようになりました。

特に、来店型保険ショップでは無料で相談が出来るうえに、複数の保険会社を比較して選べるということで人気を伸ばし続けています。

また、インターネットで加入できるネット保険についても「保険料が安い」というイメージが強いので加入している方が増えている状況です。

今回は、どちらも利用した私の体験談を踏まえて、まずはネット保険についてのメリットやデメリットを書いていきます。

スポンサーリンク

PC

 

ネット保険は正直あまりおすすめ出来ない

dame

保険ショップに行くのも面倒だし加入したい保険も決まっているから、ネット保険を利用しましたが思っていた以上にデメリットが多かったです。ぜひ、利用を考えている方はチェックしておいて下さい。

 

「ネット保険=安い」という訳ではない

「ネット保険は安い!」と感じている方は多いのではないでしょうか。人件費が抑えられているからなどネットメインの保険会社には安い理由としてそういった記載がしてあります。

 

もちろん、同じぐらいの保障内容の商品を他の会社と比べると、一般的には安い商品が多いことは確かです。

 

ただし、ネットにも保険ショップ等にも販売している保険会社は多数存在し、そういった保険会社は他の競合に負けないようにネットの価格に合わせられているため安くなっています。

 

つまり、実際にはネットで契約しようが販売店で契約しようが保険料は変わらないのです。そのため、「ネットだから安い」と安易に考えをするのではなくて、本当に安くていい商品であるコストパフォーマンスに優れた保険を選ぶようにしていきましょう

 

万が一の時に請求漏れのリスクがある

もちろんのことですが、保険は自分から請求しなければ保険金をもらうことは出来ません。せっかく万が一のためにと思って保険に加入していても、利用しなければ本当に意味がないのです。

 

実際には、電話一本で条件等を確認して証拠を揃えて請求が出来ますが、請求漏れが多いのはネット保険だけに関わらず事実となっています。

 

特に、この請求漏れのリスクがネット保険だと高くなるのではないかと思います。というのも、保険ショップなどで加入していれば万が一の時もそこに行けば請求の方法など相談出来るだろうし、何よりもそこで何かに加入しているという記憶が残っています。

 

それがネット保険であれば、証券を無くしてしまったりと管理が雑な人であれば連絡先さえも分からなかったり、何の保険に入っていたかさえ分からなくなるリスクがあります。

さらに、夫婦のどちらも保険に加入している場合は、お互いが何の保険に入っているのかちゃんと把握出来ていればいいのですが、十分な管理が出来ていないと請求漏れのリスクがより高くなってしまいます。

 

そのため、ネット保険を利用するならばきちんと保険専用にファイルを作って管理をし、保険会社の電話番号はちゃんと携帯電話にも登録しておくなどの請求漏れがないような対策をとることが必要となります。

 

ネットでの告知は厳しい

これは実際に私が経験した内容で書いていきます。

 

妻のがん保険をネット保険で契約しようとしたのですが、これまでの病歴や健康診断などの結果を入力する告知のところで却下されてしまい結局ネットでは加入することが出来ませんでした

ただし、その後保険ショップを通じて全く同じ内容で告知したら問題なく加入することが出来たのです。

 

詳しいことは分かりませんが、妻が引っかかったのは「鉄欠乏性貧血症疑い」というものでした。再検査の結果の数値も入力して「問題なし」というものまで入力したにも関わらず、「貧血」というキーワードが引っかかったのかネットでの加入は出来なかったのです。

 

よって、何も問題なく健康な人であれば告知に引っかからずいいのですが、ネット保険だとそういったあまり大きな問題がなくても(機械が判別しているせいか?)審査が厳しく通らないこともありますので注意が必要です。

 

ネット保険は手続きが面倒

ネット保険で契約をする時は、ネット上で告知の入力から本人確認書類(免許証など)のアップロード、約款のダウンロードなどをひとつひとつ自分でしていく必要があります。

また、その後に署名が必要な書類の郵送が必要な場合もあります。

「それぐらい面倒じゃない!」と思う方はいいのですが、本人確認書類にしてもプリンターでスキャンをしたり、郵送をしに行かないといけなかったりというのは正直面倒な作業だと思います。

 

ネットでも販売店でも契約出来る商品であれば、販売店で契約する方がその場で全ての書類に記載しますし、本人確認書類のコピーだってとってくれるので簡単でおすすめです。

 

ネットでしか加入できない優良保険もある

これまで、多くのデメリットを書いてきました。ただ、メリットとしてネットでしか加入できない優良保険が存在します。

 

実際に私も楽天生命の「ロング」という医療保険に加入しています。保障内容は61日以上の長期入院をした場合、61日目から1095日までを保障できるというシンプルなものです。

もちろん、現在は入院日数も短くなり61日以上も入院することはほぼないと思っています。ただ、それなりに保険料も安いですし、お守り代わりには十分な商品だと思って加入しました。

また、万が一長期入院となった時に、社会保障制度である高額療養費や傷病手当金があったとしても貯金は下がるのみなので、それぐらいなら毎月安い保険料を払った方が気持ち的に楽だと感じたからです。

 

ちょっと話がそれそうになりましたが(笑)、このように、ネットのみで販売している「楽天生命」や「ライフネット生命」で優良な保険があれば加入する価値は大いにあると思います。

 

つまり、「ネット=安い」と考えるのではなく本当にいい商品があれば利用するという考えを持つことをおすすめします。

 

次回は、保険ショップ利用の解説と体験談を書いていきます。

 - 保険