知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

保険会社が倒産した場合どうなる?加入前に確認したい事とは

   

aadaf795afcc39b32456ba263940343c_m

保険に加入する時に、「保険会社が倒産したらどうなるんだろう?」と疑問に感じたことはありませんか?

保険は加入してしまえば本当に長い付き合いになりますし、大きな金額を払っていくことになります。そういった会社が「倒産!」なんてニュースをみたら自分の保険は大丈夫なのだろうかと心配になりますよね。

ということで今回は、保険会社が倒産した場合についてと倒産しない会社を選ぶために確認しておきたい点を書いていきます。

スポンサーリンク

PC

 

倒産した場合に備えて契約者は守られている

c6f9be3ab7e3a1bec68a54946b07f033_m

生命保険契約者保護機構について

実は、加入している保険会社が倒産したとしても契約そのものがなくなるわけではありません。それぞれの保険会社は「生命保険契約者保護機構」というものに加入しており、倒産した場合に備えて契約者を保護する仕組みがあるのです。

 

具体的には、その保護機構が「救済保険会社(移転や合併などによって倒産した保険会社の契約を引き継ぐ会社)」または「承継保険会社(保護機構が設立する子会社)」に対して必要に応じて資金の援助を行っていくことで契約者は契約の継続が可能となります。

 

契約者による責任がある

上記で、生命保険契約者保護機構によって契約が継続できることについて説明しましたが、倒産するような会社を選んだ責任として契約内容の保険金や年金などの金額が削減されるといったこともあります。

 

具体的に保護される範囲は、倒産時点の保険契約の責任準備金(保険会社が将来の保険金の支払いに備えて積み立てている金額)の90%までです。

 

契約を継続するか他の会社と契約し直すか

では、責任準備金の削減などがあるのなら、同様の種類の保険で「他の会社に入り直した方がいいのでは?」と思った方もおられると思います。もちろんその方法も検討した方がいいでしょう。ただし、その場合は契約時の年齢も上がっておりこれまでより保険料が高くなること、健康状態などによって加入できない可能性があることなど様々なリスクが存在します。

 

そのため、多少悪くなった条件を継続するのがいいのか、入り直すのがいいのか慎重に検討することが必要となります。

 

 倒産しない保険会社を選ぶ方法とは?

0728cbdf72b9aef18b4c0ac5fb3cb8a3_m

では、倒産しない会社を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

倒産しない保険会社を選ぶには「保険財務力格付け」と「ソルベンシーマージン比率」というものを確認するのが重要です。

 

保険財務力格付けについて

保険財務力格付けとは、専門的機関が第三者的視点から保険金支払能力(契約者に対して保険金を支払うことが出来るかどうか)について総合的に評価したものをいいます。

 

格付け会社によって、格付けの定義は異なりますが参考としてS&P社(スタンダード&プアーズ社)による定義を記載しておきます。

格付け定義
AAA保険財務能力が極めて強い
AA保険財務能力が非常に強い
A強い保険財務力を有する
BBB環境変化の影響あり
BB保険財務力が限界的
B保険財務力が弱い
CCC保険財務力が非常に弱い
CC保険財務力が極めて弱い
R規制当局の管理下にある
NR格付がない

 

ほとんどの保険会社が公式ホームページにて自社の格付けのランクを記載していますので確認するようにして下さい。

 

ソルベンシーマージン比率について

つぎに、保険会社による保険金の支払い余力をあらわす「ソルベンシーマージン比率」というものがあります。支払い余力とは、大災害などの予測を超える事態に対応できる保険金の支払い能力です。

 

この数値が200%を超えていれば支払余力があるとみなされ、200%を下回れば金融庁から措置が下されることになるものです。そのため、倒産しない会社を選ぶためには、この数値が200%を超えて、なおかつ数値が高い会社を選ぶのがいいです。ただし、歴史の浅い新しい保険会社の場合は数値が高めになりやすいので注意が必要です。

 

ソルベンシーマージン比率についても、ほとんどの保険会社が公式ホームページにて記載していますので確認するようにして下さい。

 

 まとめ

このように、保険会社にも当然のように「倒産」といったリスクは存在するものです。そのため、安くて保障内容がいい「コスパに優れた保険商品」を選ぶのも重要ですが、念のため「格付け」や「ソルベンシーマージン比率」を確認して倒産のリスクも考えることをおすすめします。

 

 

 - 保険