知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

保険の入り方は見直しのことも考えてシンプルなのがおすすめ

   

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_m

保険に入る段階から将来の見直しの事まで気にしていますか?おそらく、加入時は保険料と保障内容にばかりに頭がいくと思うので見直しのことまでなかなか考えることはないと思います。

 

ただし、保険は日々新しい商品が販売されているので状況に合わせて見直しをした方がいい場合(保険料や保障内容等)もでてきます。「○○会社の新商品の方が保険料も安くなるし保障内容もいい」とか「今の時代にはこっちの保障内容の方があっている」といった感じです。

 

そういった中、保険の入り方によっては見直しがしにくい契約もあるのです。それは、主契約にあれもこれも特約をつけた契約方法です。この方法は保障内容としては充分カバー出来るかもしれませんが、正直見直しには向いていません。

 

そこで、今回は見直しのことも踏まえたおすすめの保険の入り方について書いていきます。

スポンサーリンク

PC

 

保険は「シンプル・イズ・ベスト」で加入しよう

d31b3f09f1828f3287d5bbf016e45886_m

注目すべきは主契約!特約は最低限に!

保険には、メインとなる「主契約」とオプションとしての「特約」があります。主契約はメインとなるものなので必ず契約する必要があり、「特約」は任意でつけます。例えば、死亡保障が主契約の保険(生命保険)に医療保障特約やがん入院特約などをつけるといった形です。

 

この主契約と特約ですが、必要となる保障は基本的に「主契約」で備えることが重要となります。特約で「医療保障(病気やケガ)」「がん」に備えることも出来ますが、何と言ってもオプションです。主契約が気に入らなくなったとしても特約のみを残すことは出来ません。

 

そのため、手続きが多少面倒でも、加入する保険が増えたとしても必要な保障ごとに保険を分けて主契約で加入することをおすすめします。例えば、病気やケガに対する保障は「医療保険」、がんに対する保障は「がん保険」、死亡に対する保障は「生命保険」といった形で加入することです。

 

何と言っても分かりやすい

では、上記で保険に入る時は主契約でのシンプルな加入の仕方をおすすめしましたがそのメリットを書いていきたいと思います。まず、とにかくシンプルな保険の入り方をしているので「覚えやすい」「わかりやすい」といったメリットです。

 

例えば下記のようにシンプルに収入保障保険、医療保険、がん保険の3つに加入していたとします。

保険の種類主契約
収入保障保険年金月額13万円
医療保険入院日額5,000円、手術給付金(入院中10万円、外来2.5万円)
がん保険一時金100万円

上記のような内容であれば、がん保険は「がんと診断されたら一時金が100万円おりるものに加入している」といった感じで簡単に覚える事が出来ますよね。

 

逆に、特約ばかりで商品に加入していると複雑でどんな保障内容で契約をしていたのか覚えておくのも難しいはずです。

 

見直しがしやすい

次に、シンプルな加入をしておけば見直しがしやすいといったメリットもあります。

 

例えば、新しい商品の方が保険料も安く保障内容がよかったら、A社の医療保険をB社の医療保険に替えたり、C社のがん保険をD社がん保険に替えたり出来ます。また、場合によってはC社のがん保険に加入しているけどD社のがん保険を上乗せするなんてこともありです。

このように、シンプルな契約をしておけばいざといった時に融通が利きやすいという大きなメリットもあるのです。

 

逆に、特約でばかりで保障を補っていた場合は見直しのときにいちいち主契約を気にしなければならないため、自由がなく融通が効きにくいです。また、主契約の保障内容を減額したい場合でも、特約まで減額しなければいけなかったり、主契約の保険料払込み期間までしか更新が出来ないなんて事もあるので注意が必要となります。

 

まとめ

029145721d1eb58cd493c525d6f79bc7_m

これまで述べてきたように、保険に入る時には将来の見直しのことも考えて必ず主契約でシンプルに必要な保障を備えることをおすすめします。ただし、「先進医療特約」や「保険料払込免除特約」など特約でしか加入できない保障や特約として入っておいた方がいい特約もあるのでそういったものは加入するようにしておきましょう。

 

保険の先進医療特約とは?つけるべき必要性と注意点について
保険に加入するときに、多くの医療保険やがん保険には「先進医療特約」という特約をつけることが出来ます。特約の保険料は100円ぐらいと非常に安いので現在加入中の方も多くの方がつ

 

また、現在特約ばかりの保険に加入している方は、年齢や病気によって見直しが出来なくなる前にシンプルな保険への変更をぜひおすすめします。保険の見直しには多くの保険会社の商品を扱う保険ショップがおすすめです。利用を検討される方は最寄りのショップを下記から探してみて下さい。
マネモ

 

 

 - 保険