知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

保険料の支払いはクレジットカード払いがお得でおすすめ!

      2016/03/31

credit2

保険料の支払い方法は口座振替かクレジットカード払いどちらかで行うことになります。

 

保険に入ると本当に長い間保険料の支払いを行わなければなりません。また、子どもが増えていくことになれば、必要な保障額も大きくなりその分保険料も高くなります。

 

この、「長い間」高い保険料を支払うことを考えると、口座振替とクレジットカード払いではポイントがつくので大きな差がつくことになります。

 

今回はその点について記事を書いていきます。

スポンサーリンク

PC

 

保険料の支払いはクレジットカード払いにするべき

以前、結婚式の費用をクレジットカードで払うと一気に大量のポイントやマイルを獲得できるのでおすすめであることを書いてきました。

 

結婚式費用はクレジット払いがお得!ポイント獲得の大チャンス
これから結婚式を迎える予定があるお二人にぜひ知っておいて欲しい絶対お得な情報なので書いておきたいと思います。 簡単に言ってしまうと結婚式までにかかる費用は払え

 

それと同じくらい保険料をクレジットカードで支払うことはお得なことです。結婚式はポイントが一気に貯まるのですが基本的には人生で一度きりのイベントですよね。

 

それに対して、保険料の支払いは「長期間に渡って」支払う必要があります。つまり、その分長期間ポイントを獲得できるということです。

 

それにも関わらず、口座振替で保険料を支払うことになれば何十年間もポイント獲得のチャンスを逃してしまうことになるので本当にもったいないです。

 

同じだけの保険料を支払うのであれば少しでもお得なポイントが獲得できるクレジットカードで払う方が絶対におすすめです。

 

 

クレジットカードで払うとこんなにお得

naruhodo

では、クレジットカードで払うことでどれぐらいお得なのでしょうか。簡単なシュミレーションをして確認してみましょう。

 

初期設定は、年会費無料で還元率が高くて人気の「リクルートカード」の場合で記載しています。リクルートカードで貯まるリクルートポイントは何でも揃う「ポンパレモール」での利用が可能なので使い道が豊富でおすすめです。

[CP_CALCULATED_FIELDS id="19"]

 

ご自分の保険料に応じて獲得出来るポイント数はいかがだったでしょうか。

 

1年でみればそこまで大きなポイントでないにしても保険加入期間累計でみれば大きなポイント数が得られるのが確認できたと思います。

 

また、もちろんのことですがクレジットカードでは保険料の他に「ガス」「電気」「水道代」「携帯電話」「インターネット」「家賃」「ガソリン」などのさまざまな生活費を支払える可能性があります。

 

これらの生活費をカード利用額に含めると得られるポイントはさらにアップするので本当にクレジット払いはおすすめです。

 

※保険料を含め、会社や自治体によってはクレジット払いを出来ないところがありますので事前に確認するようにして下さい。

 

夫婦での保険料の支払いには「家族カード」を作ろう

fuuhu

保険料の支払いは、口座振替・クレジットカードともに「本人名義」でなければなりません。そのため、クレジットカードで配偶者の保険料を払う場合は「配偶者の家族カード」を作る必要があります。

 

家族カードとは、名称通り家族に使わせることが出来るカードのことです。なお、振替については本会員のカードから行うことができます。

 

ご存知の通り今の時代は共働きが増えており、夫婦2人の収入で家計を支えていることが多くなっています。そのため、病気や死に備えて夫婦どちらも保険に加入しているというケースも少なくないはずです。

 

この場合は、世帯における保険料の支払いも多くなるのでその分は「家族カード」を利用して世帯でのポイント獲得をするようことを心がけましょう。

 

 - クレジットカード, 保険