知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

ポイントが貯まるお得なクレジットカードの選び方

      2017/05/18

cc-point

私は旅行好きということから「マイル」を推奨しています。

ただし、日々忙しくて旅行に行く時間がない方などもおられることと思います。

そういった方には、使い道が豊富なポイントを得られるクレジットカードを選ばれることをおすすめします。

ポイントを得られるクレジットカードの中には数多くの種類があります。

しかし、カードはポイントが貯まれば何でもいい訳ではありません。カードの選び方次第で、今後大きく得するか損するかが決まってきます。

 

そこで、今回はカードを選ぶ際にぜひ確認していただきたいことを書いていきます。

スポンサーリンク

PC

還元率の高いカードを選ぶこと

carderabi

クレジットカードを選ぶ上で、還元率は非常に重要になってきます。

「還元率」とは、支払った金額に対して返ってくるポイントが何%かを示すものをいいます。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%であることが多いですが、高還元率のカードの場合、1.0%~2.0%ものポイントを獲得することが可能です。

日々使い続けていく事で、獲得出来るポイントの大きさは何倍も差がついてくるので、必ず還元率の高いカードを選ぶようにしましょう。

年会費無料にこだわらない

クレジットカードを持つ上で年会費があることを嫌がる方は多いでしょう。

もちろん年会費が無料がでもいいカード(還元率1%程度)はあります。ただし、高還元率のカードとなると年会費がかかるものが多いです。

そこで、年間に獲得したポイントとかかった年会費の差額を計算して「実質獲得ポイント」を計算するようにして下さい。本当に還元率が高いカードを使えばすぐに年会費分の元をとれることが分かるはずです。

ちなみに、私が利用しているのはマイレージプラスセゾンカードという年会費が7,020円(税込)のものを利用しています。

ユナイテッド航空のマイルを貯める最強クレジットカード【マイレージプラスセゾンカード】
ユナイテッド航空のマイルの魅力については、以前の記事で魅力を紹介してきました。 今回は、私も利用しているユナイテッド航空のマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

 

実質獲得ポイントを計算してみよう

下記フォームに「カード利用額」と「年会費」「ポイント還元率」を記入して実際どれぐらいのポイントが獲得できるのか計算してみて下さい。

初期設定は、年会費無料で還元率が高くて人気のリクルートカードの場合で記載しています。リクルートポイントなら何でも揃うポンパレモールでの利用が可能なので使い道が豊富でおすすめです。

リクルートカードの詳細はこちら
リクルートカード公式サイト

※残念ながらこれまで最強のポイント還元率を誇っていたリクルートカードプラスの新規受付は終了してしまいました。現在利用している方は今後改悪がなければ本当に「お宝カード」となりますね。

[CP_CALCULATED_FIELDS id="17"]

 

貯めたポイントを確実に使用出来ること

netshopping

クレジットカードで貯めたポイントは様々な使い道があります。商品や金券の他、現金同等である電子マネーに交換することも出来ます。

ただ、これらは貯めるだけでなく使うことで始めてメリットを感じることが出来ます。その為、最終的に何を得るためにポイントを貯めているかを明確にしておく必要があります。

私の場合は、マイル(ポイント)を貯めて特典旅行券に交換することを目標としています。このように、自分の使い道にあったカードを選び、頑張ってポイントを貯めて、貯めたポイントは確実に使用していくようにしましょう。

キャッシュバックが出来るカードもある

「ポイントが貯まるのはいいけど商品を選ぶのも面倒だ!」と思われる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方には使い道を選ばないキャッシュバックが出来るカードをおすすめします。

キャッシュバックが出来るカードには、「利用額から自動割引が出来るオートキャッシュバックのカード」や「キャッシュバックポイントを貯めて利用額から値引きとして使うカード」などがあります。

 

ポイントの有効期限を確認すること

kigen

絶対に注意しなければならないのが、ポイントの有効期限です。

せっかく頑張ってポイントを貯めても失効させてしまえば、お金を捨てるのと変わりません。

それにも関わらず、「存在すら知らなかった」「忘れていた」「面倒だった」と無駄にしてしまう人が非常に多いようです。有効期限が短いものは1年といったカードもあります。

必ず自分が作るカードのポイントの有効期限は確認しておくようにしましょう。

私がおすすめするのは、ポイントの獲得があれば12ヶ月延長されるような「実質無期限」のものです。生活費の支払いをクレジット払いにしておけば毎月カードの利用が必ずあるので失効することがありません。

 - クレジットカード