知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

確定拠出年金制度で支払う税金を減らそう

      2017/08/24

nenkin

このページでは、確定拠出年金と税金についてまとめてみました。

私は、現在積み立てている最中ですが、毎年の年末調整が楽しみで仕方ありません(制度を利用している人としてない人ではキャッシュバックに差がつきます)。

それ以外にも、運用中のもうけにも税金がかからないこと、受取時も税金がかからないように非課税枠を利用できることなど、とにかく老後資金の商品の中で「節税」といえば確定拠出年金がおすすめです

 

スポンサーリンク

PC

 

確定拠出年金で税金を控除しよう

利用しなければもったいないと言われている制度が確定拠出年金で、「拠出時」「運用時」「受取時」に税金が控除されるという大きなのメリットがあります。

 

税金面に関するメリットが最も大きく、様々な局面で優遇が受けられるのです。

 

ネット上でも、

「資産を形成しながら税金を減らせるのが嬉しい」

「手数料が安いところを利用すればお得」

「自分で運用先を決めて成績によっては金額が増えるのが素晴らしい」

という口コミを得ていました。

やはり、税金面でのメリットは多くの方が感じていました。

 

以下では、局面に応じてどのような仕組みで税金が控除されるのか説明しているので一度確認しておきましょう。

 

掛け金の「拠出時」…拠出した金額の全額が所得控除できる。それにより所得税と住民税が軽減される

資産の「運用時」…定期預金や年金保険の利息、投資信託の分配金など運用によって得られる利益全額が非課税

年金の「受取時」…60歳になると確定拠出年金の受け取りが可能で、一時金受け取りの場合の退職所得控除で大きな非課税枠が利用可能また、年金受け取りの場合でも公的年金等控除が利用可能。

 

上記のような税制上の優遇措置が取られているため、確定拠出年金に加入する人が右肩上がりに増え続けている大きな理由なのです。

 

退職金や国民年金でどのくらいの金額を貰えるのか分からない現代だからこそ、自分で管理して運用出来る確定拠出年金が注目されるのは必然的なものです。

 

当ブログでは他の金融機関よりも大幅に手数料が安く、運用選択商品が多いSBI証券をおすすめしています。確定拠出年金を考えている人はぜひお得な積立プランを確認してみて下さい。

 
SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
 

さて、上記でご紹介したSBI証券の公式ホームページでは、どの程度の節税メリットがあるのか詳しく記載されています。

 

その概要は下記のようなものです。

 

~毎月の所得が20万円で税率は10%かかり、1ヶ月当たり1万円を積み立てると仮定~

 

一般的な積み立て商品(定期預金や投資信託)の場合は、積立金1万円と税金の2万円(20万円×10%)で手取りは17万円(20万円-1万円-2万円)となる。

 

確定拠出年金を利用した場合は、積立金1万円の掛け金が全額所得控除になるので税金は1万9千円((20万円-1万円)×10%)となる。よって、積立金1万円と税金の1万9千円で手取りは17万1千円(20万円-1万円-1万9千円)となる。

 

・結果として、確定拠出年金を利用した場合は掛け金1万円当たり1,000円もの節税効果がある。

 

※あくまで1ヶ月でのメリット試算であり、実際は年末調整や確定申告にて所得控除を受ける必要があります。

「たったの1,000円しか税金を控除できないの?」という疑問を抱く方は多いかもしれません。

 

しかし、長期スパンで見れば1ヶ月当たり1,000円は大きいものです。年間で考えれば12,000円、30年間で考えれば360,000円もの節税ができることになります。

 

また、当然のように掛け金を増やせば節税メリットはもっと大きくなります。

ちなみに、掛け金は1ヶ月に最大で自営業者の場合は68,000円、会社員の場合は23,000円まで拠出が可能です。

 

確定拠出年金は原則60歳までの長期的な運用となりますので、若ければ若い人ほど税金面での恩恵を受けることが出来る制度です。

 

老後のために若いうちから積立てを行うことをおすすめします。

 

 - 年金, 資産運用