知ってお得.com

知っているだけで大違い!1級FP技能士として、お金に関するお得で役立つ情報を発信していきます。

確定拠出年金をわかりやすく説明すると【初心者向け】

      2017/08/24

rougoyubi

前回の記事では、確定拠出年金の導入の背景から制度の基本的なところと魅力を紹介していきました。

老後資金対策には「確定拠出年金制度」がおすすめ
将来の老後資金について準備しているものはありますか? 老後資金の対策としてあげられるものには「個人年金保険」や「(貯蓄代わりの)終身保険」などがあります。 その

 

今回はもう少し分かりやすく仕組みについて、そして、どういった人が加入できる制度なのかまで説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

PC

 

確定拠出年金をわかりやすく説明すると

hirameki

年金制度に関してあまり知識がない人は、「確定拠出年金って何なの?」「老後資金ということは退職金と同じなの?」「確定拠出年金をわかりやすく説明して欲しい」という疑問を抱いているかもしれません。

 

わかりやすく説明すると、個人型の確定拠出年金は個人で一定の掛け金を設定し、自分で老後の年金を運用しながら積み立てていくものです。

 

例えば、毎月1万円の掛け金を設定し、投資信託や預金商品で利益を出しながら積み立てていくといった形です。

 

そして、企業型の場合は会社が出してくれる掛け金を元に自分で老後の年金を運用しながら積み立てていくものとなります。

 

例えば、会社が設定した掛け金が毎月1万円とした場合、その中から投資信託や預金商品で利益を出しながら積み立てていくといった形です。

 

確定拠出年金は老後資金としての制度であること

会社や法人で働いている人は、定年を迎えれば会社を退職しなければならず、毎月決まった給料をもらえなくなります。その代わりとして、下記のような収入源が考えられます。

 

若いうちからコツコツ貯めていた預貯金

日本国内の人全てが加入する国民年金

適用を受ける会社に勤務する全ての人が加入する厚生年金

公務員や私立学校教職員などの共済年金

加入者による助け合いや相互扶助の仕組みの生命保険

会社から受給される退職金

株などの金融資産

売却や家賃収入などの不動産収入

起業して得られる収入

 

上記の一つに老後資金として該当していくのが確定拠出年金です。特に、確定拠出年金は「老後資金に特化した制度」であるため、非常に使い勝手がいい制度であるといえます。

 

定年退職となる60歳から受け取ることが可能なので、公的な年金が受給される65歳までの空白の期間を埋めるのにも大変役立つことと思います。

また、確定拠出年金は受取方法に3つのパターンがあるので、自分のライフプランに合わせて受け取り方を選ぶことが出来るのも大きな魅力です

 

①一時金として受け取る方法

②年金として受け取る方法

③一時金と年金と組み合わせて受け取る方法

 

と様々な方法があります。この中でおすすめの受け取り方は今後の記事で紹介しています。

 

 

確定拠出年金の人気は右肩上がり

migiagari

確定拠出年金の加入者はスタート以来右肩上がりで増えており、2015年現在で既に520万人を突破してきました。
コチラの厚生労働省のページにて確認出来ます。

 

このように、近年の「企業による確定拠出年金の導入」や「個人による加入の増加」は凄まじいものです。

 

また、これまで多くの企業年金制度では終身雇用が大前提となっていたため、会社がまとめて運用を行い決まった額だけ支給するというものでした。

 

しかし、近年では終身雇用が少なくなり派遣社員制度など雇用が多様化して転職が増えています。そのため、それまで積み立てられた年金資産を自由に持っていくことが出来ず制度自体が時代に合わなくなってきたのです。

 

そういった中、個人の資産を明確にして転職しても年金資産を持ち運べるようにしてあるのが確定拠出年金なのです。また、確定拠出年金は企業年金としてだけでなく個人でも加入できる制度なので個人で将来の年金を増やすことが出来るのも大きな魅力といえるでしょう。

 

確定拠出年金には加入資格がある

check

さて、上記では個人でも確定拠出年金に加入できると説明しましたが、下記のように加入資格が設定されています。

 

日本国内に居住している20歳以上60歳未満の人

公務員と専業主婦、農業者年金の被保険者は加入できない

一部でも国民年金の保険料を免除されていると加入できない

お勤めの企業で厚生年金基金や石炭鉱業年金基金のいずれかに加入していると確定拠出年金は利用できない

 

上記のように加入資格が細かく指定されているため、誰でも加入できるわけではありません

せっかくの魅力的な制度なので残念ですが現在のところはこのようになっています。

※ただし、2017年1月から公務員や専業主婦も個人型の確定拠出年金に加入出来る予定です。

 

確定拠出年金の運用はどのようなことをしていくのか

question

確定拠出年金制度を利用するにあたって、最初はどのような方法で運用すれば良いのか分からないでしょう。また、資産が減ってしまうのは嫌だから元本確保型の商品ばかりに預けてしまうというケースも少なくないでしょう。

 

しかし、確定拠出年金は運用の成果によって受け取り額が大きく変わるため、多少のリスクをとってチャレンジをしてみる価値は大いにあります。

 

運用する上でのテクニックの一つが(投資信託や預金での)商品選びとなりますが、「○○ファンド」や「○○オープン」というものがあり、何が何やらサッパリという方は多いものです。

 

その中で、まず把握しておきたいことは、選択できる商品が多いほど確定拠出年金は有利ということです。

 

その理由としては、毎月の拠出金で買う商品の比率を「40%」「30%」「20%」「10%」というように組み合わせなければならないからです。

 

例えば、毎月の掛金が10,000円ならば「A商品に4,000円」「B商品に3,000円」「C商品に2,000円」「D商品に1,000円」といった形で分ける作業が必要となります。

 

さらに、自分のとれるリスクに応じて運用している商品を「A商品」→「E商品」のように途中で売却したり解約する「スイッチング」という方法も、運用する上で重要なテクニックとなってきます。

 

この記事では年齢に応じた資産の分け方(商品の選び方)を紹介しています。

確定拠出年金のリスクに合わせたおすすめの資産配分について
確定拠出年金で老後資金を運用するにあたり、一番難しくて悩むのが商品選びだと思います。特に、確定拠出年金が投資デビューとなる人にとってはなおさら難しいことでしょう。

 

確定拠出年金で老後資金を運用していくには、質の高い商品ラインナップが多く、積立金残高50万円以上で口座管理手数料が無料と設定されているSBI証券がおすすめです。ぜひ、公式サイトで詳細を確認してみてください。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

 - 年金, 資産運用